もう50代という考えは古い!50代女性の仕事探し成功の秘訣

lgf01a201412311500

もう50代!を捨てる

50代と言ってもまだまだのんびり隠居生活なんて出来ません。

人生はこれから!

又、老後の蓄えは充分とは思えない人もたくさんいるでしょう。

でも女性が仕事を探す時、

もう50代!と仕事探しを諦めていませんか?

50代の女性が本気で仕事探しを考える時、

まずは何から始めればいいのでしょうか!?

 

50代の需要と供給を考える

若い頃には、50代なんてもうすっかりオバサンで、

余生を送っている!というイメージを持っていました。

でもいざその年代になってみると、

余生だなんてとんでもない!と思ってしまいます。

子供が自立して自分の時間がたくさん持てるようになって、

これから第2の青春という感じすらあります。

しかし現実には遊んで暮らせるほどの余裕はなく、

それならいっそ本格的に仕事をしてみようか?

と考える人もいますよね。

子育てしていた時にはパートやアルバイトでしか働けなかったけれど、

今なら正社員として責任のある働き方ができるはず。

そう思って仕事を探し始めても、やっぱり立ちはだかる年齢の壁。

電話で面接の申し込みをする時、

年齢を聞かれて答えた後の一瞬の「間」…。

一気に弱気になってしまいますよね。

企業が人材として求めているのは、

すぐ結婚して辞めてしまうかもしれなくても若い女性なのでしょうか・・。

 

 

自分と向き合う事から始める

50代の女性は若い世代と比べて何が違うの?

確かに若い頃に比べると新しいことを覚えるのは

簡単ではないかもしれませんね。

又、若い世代ばかりの職場であれば人間関係で苦労するかもしれません。

定年までの年数が短い・・と言う事もあります。

でもマイナスばかりを考えていても前には進めません。

これまで生きてきた人生経験というのは、一人一人違うものです。

得意分野も違うし性格だって違います。

まずは自分にはどんな仕事が向いているのかを考えてみましょう。

事務処理の能力に自信がある。

人と接することが好き。

手先が器用だから何かを作ることがしたい。

センスがいいと言われるからファッションの仕事がしてみたい。

そんなふうに自分の特性をまずは主観的に考えてみます。

それから客観的にも考えてみましょう。身近な人に聞いてみることです。

夫や家族、そして実際にその仕事をしている知り合いがいるのなら

経験談を聞くのも大事です。

思い込みだけでなく、

客観的にも自分が向いている仕事が見つかれば、

さあ行動に移してみましょう。

 

ハローワークなどに相談してみる

働き方にもいろいろありますが、

まずはハローワークなどの窓口で相談してみることをお勧めします。

最初は気が引けてしまうかもしれませんが、

きちんと自分の希望する職種のイメージがあるのなら、

必要な情報はすぐに教えてもらえるはずです。

ハローワークでは仕事を探している人向けに、

資格を取得できる講座などもありますから、

仕事を探しながらパソコンなどの勉強をしてみるのもいいですね。

接客などの仕事を探すのなら、

いろいろなお店を見てまわると情報が得られます。

求人広告が貼ってあるお店もありますし、

お店で働いている人たちの雰囲気も分かります。

ついつい家にこもって

インターネットやスマホで求人情報を眺めてしまいがちですが、

その情報はどこまで信用できるものかも分かりません。

思い切って自分の足で探したり、自分の目で確かめてみる事も大切ですね。

初めの一歩を踏み出してみましょう。

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事にも興味があります。

50代女性が仕事探しを本気で始める為の3つのポイント

スポンサードリンク