40代から仲間が欲しいと思ったら!理想的な仲間作りのポイントとは!?

lgf01a201404131700

40代からの仲間作り

学生時代にはスポーツや音楽など、同じ趣味を持つ仲間はすぐに出来るものです。そしてその仲間と過す時間が多かったのではないでしょうか。

それが社会人になると仲間と過ごす時間も少しづつ減ってくるものですよね。

しかし生活や時間に余裕ができる40代、50代になると、再び趣味を楽しもうと考える人が増えてきます。でも40代50代で新しく人間関係を作るのは、ちょっと勇気がいるものですよね。

どのように仲間作り始めますか?

スポンサードリンク



趣味の仲間を作る

あなたの趣味はなんですか?と聞かれた時に、即座に答えられる人はどれくらいいるのでしょうか。

若い時に始めたテニスやスキーなどのスポーツをずっと続けている人や、当然最近になって始めたという人もいるでしょう。料理やお菓子作りに凝っている人もいるでしょう。

映画を観るのが好きとか本を読むことが趣味。一人旅が好きという人もいます。

チームを組むスポーツやバンド活動なんていう趣味なら当たり前のように仲間が必要ですが、映画鑑賞や読書は一人でも楽しめるものです。

1人でも出来てしまう趣味も気楽でいいのかもしれませんが、それでも同じ趣味を持った人とは、同じ趣味の話題で盛り上がったり、ほかの人ではわからないようなマニアックな話が出来たり、同じ趣味を持つ人との会話はなぜか花が咲くものです。

仲間がいるからこそ趣味も楽しい!と言う事もありますからね。

 

いまさら人間関係で悩む?

仲間同士で趣味を楽しんだり、そのあとの食事やおしゃべりも盛り上がるというのはとても嬉しいことです。でも人が集まるとトラブルも付き物ですね。当然人の付き合いには気を遣うことも多くなります。

家庭環境や経済的な事情も人それぞれですから、話や価値観が合わないこともあります。この歳になってまで人間関係で悩みたくないと思うかもしれません。

確かに、嫌な想いをして誰かと行動するよりも、一人の方がずっと気楽です。

でもやっぱりそれでは寂しいですよね。

スポンサードリンク



距離感を大切にする

学生時代の仲間との付き合いと、これからの仲間との付き合いの違いは何でしょうか。

それは「経験値」と言う事かもしれません。

学生の頃はお互いに未熟で成長過程でしたが、これからのお付き合いはお互いに人生経験を積んできています。だからこそお互いの人生経験を尊重しあうことが大切です。

いろんな考え方の人がいるからこそ楽しいと考えてみる事です。意外な発見があったり、話題が思いがけない方向に発展します。

また、経験値を積んだからこそ深い話もできるでしょうし、相手を思いやることもできるはずなのです。

自分の生活と趣味のバランスを上手にとって、べったりした付き合いにならないように心がける事も大切ですね。

そうすることで、ちょうどいい距離感を保っていけるのです。大人同士の仲間はそのくらいの距離感が心地よいですね。

 

こんな記事も読まれています

孤独は寂しい?辛い?孤独が楽しいと感じる5つの方法

スポンサードリンク