金銭感覚が違うママ友と上手に付き合う為には○○が必要

SHI86_tableset1342-thumb-815xauto-16435

金銭感覚が違うママ友に遭遇したら

子育ての悩みを共有して愚痴を言い合えるママ友の存在はとてもありがたいものです。

でも金銭感覚が違うママ友とのお付き合いは、一緒にいるのが苦痛に思えることもありますよね。

価値観や金銭感覚が違うママ友とはどう付き合っていけばいいのでしょう。

スポンサードリンク



金銭感覚は人それぞれ

ママになってから出来る友人関係なので、それまで生きてきた環境には違いがあって当たり前です。まして生活レベルなんて各家庭で全く違うのも当たり前のことです。

当然金銭感覚が違うのも納得ですよね。

夫の収入の違い、共働きかどうか、親と同居しているかいないか等、環境もそれぞれ、又育ってきた環境が違えば、物事に対する価値観や金銭感覚も違うはずです。

同じ子供を持つママ!という立場は同じだし、子供の事では共通点はたくさんあっても、金銭感覚があまりに違うママ友とのお付き合いって考えてしまいますよね!!

 

ランチに誘われるのは嬉しいけれど…

自由に使えるお金がいくらぐらいあるのかは、いくらママ友と言ってもなかなか聞けないものですよね。

でもランチに誘われたときに選ぶお店や、普段着ている服、子供の習い事の数などで相手の金銭感覚や価値観がわかりますよね。そしてその感覚に落差がありすぎると、お付き合いは苦痛になってしまうのです。

子供を通じてのお付き合いだからこそ、気が合わなければ離れればいいというわけにもいかないものです。

子供同士が仲良しであればお互いの家にも出入りしますし、一緒に遊びに行く機会もあるでしょう。また子供同士の仲が悪いという場合も、親同士のコミュニケーションは良好にしておきたいものですよね。

金銭感覚や価値観が合わないママ友と「誘われれば断れない」、「話題についていけない」という悩みを抱えながらも付き合っていかなければならないのは、まさしく大人の事情なんです。

スポンサードリンク



自分らしくが一番!!

子供を通じてのお付き合いで、大人の事情とわかっていても嘘をついてお誘いを断ったり、誘いにのってこない人の噂話をしてしまったり、ついつい周りのママ友に合わせてしまう。

そんなお付き合いは当然無理がありますから、ストレスになったり、長続きはしないものです。

金銭感覚が違うママ友とは無理に付き合うのではなく、程良く距離を置いてお付き合いをするのが良いのかもしれませんね。

金銭感覚以外はとても気が合うのに・・と言う悩みを抱えるママ友は実はとても多いのです。

何気なく「今月はお小遣いがピンチなの」と伝えたり、逆にこちらからお手軽なお店に誘ってみるのもいいかもしれません。

相手に合わせるばかりではなく、自分の意見も大事にしていくことが、ママ友との関係も良好にしてくれる方法なのかもしれませんね。

案外そう思っているママ友多いのかもしれませんから!!

 

ママ友の悩みはまだまだあります。

ママ友のLINEグループが恐怖!悪口 仲間はずれ 明日は我が身?!

スポンサードリンク