50代女性は孤独になりがち!心の隙間を埋めるのに必要なものとは!?

50代の女性はどんな時に孤独だと感じるのでしょうか。

ひとりぼっちでいる時の淋しさでしょうか?

誰かと一緒にいても孤独だとを感じる時ってありませんか?

スポンサードリンク



lgf01a201405121100

50代の女性の孤独

女性の50代は心も体も変化の年代!

だって50代ですよ、50代。人生も折り返しの年齢です。焦りや不安と同時に寂しさや空虚感、そして何とも言えない孤独感を感じるてしまうのです。

どうして50代になると孤独を感じるのでしょうか?

 

空の巣症候群は自由な孤独?

「空の巣症候群」という言葉を聞いた事がありますか?

子育てに終わりはないとは言いますが、当の子供達は社会人になったり結婚して独立したら干渉を拒むものです。

そんな姿を頼もしく誇らしく思う一方で、ぽっかりと空いてしまった心の隙間を感じる50代女性は多いようです。もう自分は必要とされていないんだなと感じてしまうのです。

更年期の症状と重なってひどいうつ状態になってしまう人もいます。家族のために自分の事を後回しにして頑張ってきたのに、今になって

「お母さん、なんにも趣味がないなんて良くないよ」とか

「自分の人生なんだから自分で楽しみなさいよ」

なんて言われると、なんだか報われない気持ちにもなってしまいます。自分の役目は終わった!もう自分は必要ない・・とまで思ってしまう人もいます。

でもいつまでも「空の巣症候群」にどっぷり浸かっていては時間の無駄です。ここは思い切ってチャンネルを変えてみましょう!

子供たちに心配をかけないためにも自分が元気でいることです。これからは「孤独という名の自由」と向き合ってみませんか?

困った時にはきっとまた子供たちは親を頼ってきます。その時に笑顔で話を聞いてやれる頼もしいお母さんでいたいですよね。

そのためにも、まだまだ枯れてなんかいられません。心の中の「空の巣」なんて自分仕様にリフォームしちゃいましょう。

せっかく自由になれたのですから!!

スポンサードリンク



不自由な孤独の方が、実は深刻

その一方で誰かと一緒にいるのに孤独を感じている人もいます。

例えば、親の介護をしている人は、たとえ夫や家族の中で暮らしていてもその辛さを理解してもらえずに苦しんでいることもあるのです。認知症になった親の姿を見るのは、子供としてはやりきれない気持ちになりますからね。

介護される人はいままで出来ていたことが出来なくなっていくのですから、本人が一番苦しいですよね。

「ごめんね」「苦労かけるね」「早く死んでしまいたい」など・・自分の親にそんなことを言われて平気でいられる訳がないのです。

でもそんな辛さも、周囲にはなかなか理解されません。話を聞く側もどう受け止めていいのかわからないものです。だから結局誰にも相談せずに一人で悩んでしまう・・という事にもなりかねません。

介護は孤独です。兄弟や親戚など助けてくれる人がいる人はまだ良いですね。でも一人っ子だったり、小さい子供を抱えたりすると負担は倍増です。不自由な上に、ますます孤独を感じることにもなりかねませんね。

そういう孤独を感じる人が増えていることは社会問題としても深刻です。最近は相談できる窓口や施設も増えているので、自分一人で抱えこまないで誰かに相談するようにしましょう。

 孤独を感じているのは自分だけじゃない

自分が孤独だと感じる50代の女性はとても多いのです。

もし自分が孤独だと感じた時は、自分だけが孤独を感じているのではないという思うことです。自分の孤独を人に相談したり、そう思われる事が恥ずかしいと思う必要はありません。

そんな時こそ思いきって誰かに相談してみましょう!お互い長く人生を生きてきた者同士、いろんな経験も知恵も持ち合わせているかもしれません。

自分が落ち込んでいるときは正しい判断が出来なくなっている時でもあります。だからこそ孤独から来る苦痛に悩んだり落ち込んだりしているよりも誰かの力を借りたり、誰かに打ち明けてみましょう。

もしかして簡単に孤独から解放できる方法を知っているかもしれません。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

孤独は寂しい?辛い?孤独が楽しいと感じる5つの方法

スポンサードリンク