節約をしたければコンビニには行くべからず!…とはいうものの

PAK77_konbininobinirugasa-thumb-815xauto-16127

コンビニは節約の敵

駅を出て家へ帰る途中でコンビニへ寄ったりすることは多いと思いますが、コンビニにはついつい衝動買いしてしまう不思議な魔法があるのです。

あなたがもしも節約しようと思っていたら、コンビニにはなるべく寄らないでくださいね。

ランチタイムにコンビニに寄ったとしたら今日は100円のおにぎりだけにしようと思っていても、おにぎりのショーケースの隣には美味しそうなサンドイッチが並んでいます。

更に野菜も食べたほうがいいかなあーという気持ちになって、ふとその隣をみると手頃なサイズのサラダが並んでいます。するとだんだんサラダが食べたくなってきますよね(笑)

そのあたりから思考回路が軌道修正されていきます

例えおにぎりだけを手にしてレジまでたどり着いたとしても、でもランチタイムのレジは混んでいます。待っている間にレジの横にはチキンやポテトの美味しそうな姿が!寒くなると肉まんもホカホカ湯気を立てて誘惑してきますしね。

本当におにぎりだけでコンビニを出られる人は、かなりの節約の達人です。

 

なんでも揃うという落とし穴

コンビニに行けば大抵のものが買える時代です。中には「コンビニ限定」と言うものまで企画されていて、そこでしか手に入らないとなるとつい買ってしまいませんか?

週末にスーパーの特売で買えば安くなるシャンプーまで、ついでに買ってしまったりしませんか?

小さな店舗の中で何でも買えるというところが手軽なんですよね。大型スーパーだと売り場をウロウロ回らなければいけなくて、急いでいるとついつい買い忘れたり面倒だからまたにしようってなります。

しかしコンビニは目の届く範囲に沢山の種類の品物が並んでいるので、忘れっぽくなった40代50代の主婦にもとても便利なんです。

コンビニに寄ると節約できないのには正当な理由があったんです。

 

上手に自分をコントロールしましょう

節約することは大事です。とくに「ついで買い」や「衝動買い」はご法度です。

それでも本当に忙しいときや疲れているときには、ほんの少し片目をつぶることも必要かもしれませんね。

コンビニを利用することで時間に余裕ができたり、ちょっとだけ贅沢をした気分を味わったり。そんなときにはこう思ったらいいんです、

「時間を節約するために今日は時間を買ったのよ」

「疲れをとる薬の代わりに限定プリンを買って元気になるんだもん」と。

そんなふうに上手に自分をコントロールして、毎日をバランスよく過ごしていきたいですね。

節約も勿論大事ですが、ストレスを貯めずに上手に節約することがもっと大事なことですね。

スポンサードリンク