離婚したいけどできない!…原因はやっぱりお金?!

PPC_1manensatu4mai-thumb-815xauto-13538

妻が離婚を考える時

子供が自分の世界を持つようになり手が離れると、ようやく女性は自分の人生について考える余裕が持てます。

旦那さんと二人で遊びに出かけたり同じ趣味を見つけたり、独身時代のような過し方が出来る円満な夫婦もたくさんいますが、そうでない家庭もあるのです。

スポンサードリンク



それまでは子供のためを思って我慢できたことに耐えられなくなり、離婚について考える女性も多いようです。

 

前向きな離婚

昭和から平成になり女性も男性も恋愛観や結婚観が大きく変化しました。

「結婚したら女性は家庭に入るもの」という常識はむしろ非常識でさえあります。男性も家事や育児に協力的で、幼い子供がいても仕事を続けたり趣味を楽しんだりできる世の中になりました。

でも今の40代50代の女性にとっては、まだそれは微妙に手の届かないところにありました。SNSやブログで誰とでも繋がれるようになったのはここ15年くらいのことで、その違いも大きいですよね。

今はいろいろな情報が携帯電話1つで手に入り、以前なら会うことの出来なかった人の話を聞いたり相談できたりします。

離婚したいと思う理由はもちろん十人十色で様々です。でもその原因が何であれ共通して考えることは「人生はまだまだこれから!」ということです。

そう思わせてくれる情報や経験談がそこにはあって、そっと背中を押してくれるのです。

 

お金の不安

離婚のイメージがネガティブなものからポジティブなものに変わり、女性が自分の人生を自分で考えることは当たり前になってきました。

だからと言って、やはり簡単に離婚することは出来ません。

いくら夫に愛想が尽きていても、子供たちが自立してくれても、離婚に踏み切れずにいる女性がたくさんいます。それはなぜでしょう。

いざ離婚を考えたときに、一人で生きていくことへの不安を感じるからです。

ずっと正社員で働きつづけ、産休・育休を経て仕事に復帰できた人は40代50代にはまだ多くありません。ほとんどの女性が子育てをしながらパートやアルバイトで家計を支えてきたはずです。

多少の蓄えがあったとしても、離婚して夫の退職金や年金をアテにせずに生きていくには収入の保障がなさすぎます。

住むところはどうするのか、仕事は続けられるのか、病気になったらどうするのか…そんな不安がむくむくと入道雲のように心を覆いつくします。

そして大きなため息と共に、離婚しよう!という決意がどこかへ飛んでいくのです。そしてさあ夕飯の買い物に行かなくちゃ、と今日も立ち上がるしかないのです。

そんな日々の繰り返しです。

スポンサードリンク



まずは行動!!

離婚したい気持ちと、やっぱり無理だわという気持ちを行ったり来たりループしているのであれば、そこから抜け出すことを考えましょう。

もちろん離婚を勧めているわけではありません。でもせっかく自分の人生を前向きに考え始めたのならば、後ろ向きになるのはやめましょう。

離婚するかしないかという選択肢を考えるのではなく、自立した女性になるための努力をすればいいのです。

それはどんな方法でも構いません。女性の自立支援について調べるのもいいでしょう。仕事について考えて転職するのもいいでしょう。自分には何が出来るのか、前向きに考えることから始めればいいのです。

結果的に離婚しない選択をするにしても、自立を考えて自分自身を見つめ直すことは絶対にマイナスにはなりません。

それこそが、自立への第一歩。

一歩だけでも前に進めた自分を褒めてあげましょう。

大丈夫、人生はまだまだこれからです。

 

夫に離婚を切り出されたら・・こちらも読まれています。

もしも夫に然離婚を宣告されたら!?これから私どうすればいいの?

スポンサードリンク