50代で肌は大きく変わる!50代から始める老化防止策とは!

lgf01a201411280300 老化は肌から!

人間は年齢とともに老化していきます。

中でもいちばん年齢を感じるのが肌ではないでしょうか?

20代の時は何もしなくても肌は元気で綺麗でしたから

全く気にしていなかった人も多いのでは?

しかしそれも30代、40代と年を取るごとに気になり始めてきます。

特に肌の衰えを一番感じるのが50代ですね。

 

50代で肌が変わる?

年代の階段を上るごとに肌の変化を感じますが、

特に50代では、手に取るように肌質が変わってきます。

女性にとっては深刻な悩みです。

これまでと同じ化粧品を使っているのに

いつもと肌の調子が違ったり、同じ年代の女性の肌と比べて

落ち込んだり・・

肌の老化には勝てません。

 

50代だからと諦めない

本当は少しでも肌の老化を防ぐには、

20代や30代でその対策をするのが一番いいのです。

若い時にお手入れをさぼってしまうと

気づいたときには、肌はぼろぼろで

取り返しのつかないことになってしまいます。

でも諦めないで下さい。

50代でも肌の手入れをすることで、若返ることができます。

 

50代からの時間

女性は20歳から50歳くらいの間は子育てや家事に追われて

なかなか自分の時間を作ることができません。

当然お肌にまで時間やお金をかける事も出来ないのです。。

それが50才を過ぎた頃からは

子供も独立し自分の事を見つめ直す事ができるようになります。

でもその時にはすでに、肌がボロボロでどうしていいのかわからない

ということになってしまい、鏡を見るのも嫌だと感じる人も。

 

しかし今更お手入れをしても・・

と諦めてはいけません。

50代で肌の手入れをしても、もはや手遅れと思うかもしれませんが、

50代でも十分に肌のケアをすれば間にあいます。

確かに顔のしわやたるみなどは確実に増えていますが

50代の肌の老化は、一番は女性ホルモンの低下によるもなのです。

女性の場合は、生理が終わる頃でもあり、

生理が終わることで女性ホルモンが一気に減ってきますから

エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが不足してきます。

女性にとってはとてもショックなことですが

これによって肌が大きく変化するのも確かですね。

 

50代からの対策

高級な化粧品に変える事もひとつの方法かもしれませんが

食生活を変えることで大きく肌質が改善されます。

エストロゲンの不足を補うためには、

イソフラボンを補うことで解消されます。

イソフラボンというのはどんな食品に含まれているのでしょうか。

お手軽な商品として、豆腐や納豆に多く含まれています。

豆腐や納豆を毎日食べる事で、エストロゲンの不足を補ってくれます。

簡単に食事の1品として取り入れることができますね。

1日に摂取しなければいけない量としては、納豆で1パック、

豆腐だと半丁ほど摂取すればエストロゲンの不足を解消してくれますから

毎日摂取する事で肌年齢も若くなってきます。

毎日納豆や豆腐を食べるのは嫌だという方は

イソフラボンアプリが販売されていますので、

こちらを併用すれば、女性ホルモンの不足を補ってくれますね。

 

 

50代の女性にとって肌の老化は深刻ですが、

食生活の改善と合わせて、

あまり悩まずに元気に明るくポジティブに

毎日を過ごす事がなによりの

老化を防ぐ対策なのかもしれません、

イキイキしている女性は見た目年齢がグンと下がりますよ。

スポンサードリンク