50代で肌は大きく変わる!50代から始める老化防止策とは!

年代の階段を一つ上るたびに肌の変化や、年齢の差を感じるものです。

特に40代から50代の変化はとても大きいと感じてしまったのは私だけでしょうか?この焦りは衝撃ですね。

だからこそ、50代からの肌老化対策はとても大切なのです!!

lgf01a201411280300

スポンサードリンク



老化は肌から!

人間は年齢とともに老化していきます。それは仕方のない事なのかもしれませんが、女性が一番敏感に年齢を感じるのが肌ではないでしょうか?

20代の頃の肌はは何もしなくても元気で綺麗でしたから、肌の老化なんて全く気にしていなかった人も多いはずです。

しかしそれも30代、40代と年を重ねるごとにその変化に、少なからず気が付くのです。人からどう見られているのか気になったり、同年代の人の肌と比較したりします。

肌って女性にとっては一番気になる所であり、一番老化を感じる部分でもあるんですよね。

特に肌の衰えを一番感じるのは50代ではないかと思います。

スポンサードリンク



50代で肌が変わる?

年代の階段を一つ上るごとに肌の変化を感じますが、特に50代では、手に取るように肌質が変わってきます。

女性にとっては深刻な悩みです。私もそうでした。

これまでと同じ化粧品を使っているのに、いつもと肌の調子が違ったり、同じ年代の女性の肌と比べて落ち込んだり・・

肌の老化には勝てません。でもこのまま歳のせいにしていて何も対策をしなければ、どんどん肌の老化が進んでいくのは確実ですね!

もっと早く対策をしておけばよかったと後悔しても始まりません。今から出来る事をやるしかないのです。

50代だからと諦めない

本当は少しでも肌の老化を防ぐ為には、20代や30代でその対策をするのが一番いいのです。

若い時にお手入れをさぼったり、肌の老化対策を怠ってしまうと、気づいたときには、取り返しのつかないことになっている事も・・

でも諦めないで下さい。

50代でも自分の肌の事を知り、肌のお手入れをすることで、今からでも若返ることができるのです。

50代だから出来る事!

女性の20代から40代といえば子育てや家事に追われて、なかなか自分の時間を作ることができません。当然お肌にまで時間やお金をかける事も出来ないのです。。

それが50歳を過ぎた頃からは、子供も独立し自分の事に使う時間はたっぷりあります。また自分を見つめ直す余裕もあります。

でもその時には、すでに肌がボロボロでどうしていいのかわからないという人も!!鏡を見るのも嫌だと感じる人もいるかもしれません。

でも、今更お手入れをしても・・と諦めてはいけません。

50代で肌の手入れをしても、もはや手遅れと思うかもしれませんが、50代からでも正しい知識を知って正しい肌のケアをすれば何とでも間に合うのです。

どうして50代で肌が大きく変わってしまうのか?その原因を知って肌老化の対策をしましょう。

50代の肌老化の原因

50代になるとどうして肌老化が大きく進んでしまうのか?その原因は一つではない事は確かですが、大きな原因を見ていきましょう

更年期による女性ホルモンの減少

50代といえば肌は勿論ですが体も大きく変わる年代ですよね。そうです!更年期が始まり女性ホルモンが減少してきます。

女性ホルモンの減少は肌の老化の大きな原因の一つです。

 

エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが減少することで、女性の肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸も減少してしまいます。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった肌の土台を作る成分が減少することで、肌の老化も一機に進むのです。また肌の皮脂量も減りますので肌が乾燥したり、かさついた感じになる事も!!

女性にとってはとてもショックなことですが、更年期を境に肌が大きく変化するのも確かですね。

細胞の老化

お肌も細胞で出来ていますから、細胞自体が老化をすることで当然肌も老化をするわけです。60兆個の細胞がいつまでも元気でいてくれたら良いのですが、そんな事はありません。

酸化や糖化といった生活習慣の中で起こってしまう事も沢山あり、ここだけを改善すればいいというものではないのですね。

50代からの対策

肌が変化してくると女性はとかく化粧品に目が行くものです。もうこの年齢なんだから高級な化粧品じゃないと肌に合わないとか、歳だから若い頃と同じ化粧品じゃ効果がないと思ってしまうのです。

女性はとかくせっかちだし、何とかしたいと即効性を求めますから化粧品を変える事である意味満足なのかもしれません。

外側からのケアは変える事もひとつの方法かもしれませんが、それよりも食生活を変えることで大きく肌質が改善されます。

エストロゲンの不足を補うためには、大豆イソフラボンを補うことが効果的です。イソフラボンというのはどんな食品に含まれているのでしょうか。

豆腐や納豆、豆乳といった大豆製品に多く含まれています。豆腐や納豆を毎日食べる事で、エストロゲンの不足を補ってくれます。食事の1品として簡単に取り入れることができますね。

1日に摂取しなければいけない量としては、納豆で1パック、豆腐だと半丁ほど摂取すればエストロゲンの不足を解消してくれますから、毎日摂取する事で肌年齢も若くなってきます。

 

またコラーゲンの吸収を助けてくれるビタミンCを多めに摂取するのもお勧めです。私の場合1日3グラムから5グラムのビタミンCを取っています。

勿論、大豆イソフラボンとビタミンCは大切な栄養ですが、やはりバランスのとれた食事が一番ですね。

女性はせっかちですが、食生活を見直すことは決してすぐに結果も出る事ではありません。気長に習慣にしていく事が大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?

50代の女性にとって肌の老化は深刻ですが、食生活の改善と合わせて、あまりクヨクヨ悩まない事です。

元気に明るくポジティブに毎日を過ごす事がなによりの老化を防ぐ対策なのかもしれません、

イキイキしている女性は見た目年齢がグンと下がる事間違いなしですから!!

 

更に美肌について詳しく知りたい方はこちらの記事も人気です

50代で美肌になるには!?究極の秘訣!肌を変える習慣とは!

スポンサードリンク