私って親不幸?誰にも言えない!親の介護が辛いなんて・・

lgf01a201404071500

介護が辛いと感じる時

親の介護とひと言で言っても人それぞれ状況も違います。

親の状態や子供の事情によっても介護の程度は様々です。

中には1人で全てを抱え込んでしまう・・と言う事もあるのです。そんな時に介護って辛いと感じてしまいます

介護は経験した人じゃないとわからないと言います。

スポンサードリンク



介護は義務!!

親の介護は子供の義務でもありますから、様々な理由があって親の介護ができないとか施設に入れるとか・・子供の責任を放棄しているように感じてしまいます。

悪い事をしているような気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

周りから親不幸と思われないか?と気にもなります。

 

介護が辛いなんて言えない

勿論親の介護ですからやるのは当然だし、やってあげたいのも確かです。だから介護が辛いなんて言えません。

でも介護する方にも事情があります。介護ができる人数にもよりますし、介護する人にも別の家庭がある場合があります。24時間365日親の介護をするわけにはいかない事情もあります。

それでも親の介護は子供の義務なのでしょうか?

時には辛いと言う

介護の義務感、責任感、世間体、同時にしてあげたい気持ち。

色んな思いがありますが、1人で抱え込んでしまう事が介護は一番いけない事なのです。1人で頑張り過ぎると自分まで辛くなってしまいます。

親は自分の介護で子供が辛い思いをする事を、望んではいないはずですから。

スポンサードリンク



介護のプロに相談する

まずは地域の介護相談窓口、地域包括支援センターに相談してみましょう。

介護サービスに関する様々な相談に対応してくれます。民間でも相談に乗ってくれたり、必要な手続きを代行してくれる所もありますから上手く利用するのがいいですね。

 

自分達でできる事

誰にでも訪れる介護だからこそ、色んな意味で備えておくこと、シュミレーションをしておくこと、様々な介護に関する勉強をして知識を付けておくことが何より大切ですね。

自分がどこまで介護に関わることができるのか、明確にしておくことも大事です。兄弟がいる場合は普段から話し合っておくことも必要ですね。

それが介護を辛いと思わない為の準備になるかもしれません。

 

介護は辛いことも多いのかもしれませんが、逆に幸せだと感じたり、嬉しいと思う事も沢山あります。介護をする事で感謝してもらえることは大切な親に恩返しできているという事ですから。

これからますます増えてくる介護、色んな制度もでき、相談窓口も増えています。1人で悩んだり抱えたりして辛いと感じる前に相談してみる、利用してみる事がこれからの時代は普通になってくるはずです。

介護をする気持ちは忘れてはいけませんが、時代にあった介護のしかたを考えてみましょう!

スポンサードリンク