自分の生き方を選べない子供が急増!親がするべき行動は?

生き方が選べない人生でググる人ってどんな人で、どんな心境なんでしょうか?

私の年代(アラフィフ)が考えるのは、自分の人生の事ももちろんですが、やはり子供の人生について心配!という母親が多いのではないでしょうか?

母親として、自分の子供が選んできた生き方について、心から良かったと思えますか?

もし子供が自分の人生の生き方を選べないとしたらどう思いますか?

スポンサードリンク



子育てに正解はありません。私も自分の子育てがこれでよかったのか?いつも自問自答しています。

でも子供が自分の生き方を選べない!そんな子育てはしていない・・と思っています。

生き方が選べないと言っても大きく二つに分ける事が出来ますよね。

①自分の意志で選べるのに、どっちにしたらいいのか迷ってしまい選べない

②自分以外の人の意思により、自分の意志が選択できない

の二つです。

スポンサードリンク



自分の意志で生き方を選べない

私自身の事を言うと、これです(笑)

優柔不断な所があり、いつも悩んでしまいます。それでも生き方を選べないなりに、悩み考え、自分の道は選択してきました。私の両親はその選択に反対したり、ビックリしたり・・

そんな事も有りましたが、基本的には自分の生き方は自分で選んできました。

でもふと考えたりしますよね。あの時違う道を選択していたら、今はどうなっていたのかなかぁって・・・

いけないいけない!!!後ろを見ては・・・

でも人間だから・・そんな事も考えたりするわけです(笑)

自分の子供にもやはり、自分の事は自分で決めて欲しいと私は思っています。経験からのアドバイスはしますが、最終的に決めるのは子供本人です。

それが、自分の人生に責任を持つと言う事だと思うからです。もし私がいなくなっても大丈夫な生き方をして欲しいと思います。変な話、いついなくなるか?なんてわからないのですから。

わからない時は子供なりに悩めばいいのです。迷ったら、それなりに考えて考えて決めればいいのです。それでうまくいかなくて挫折を味わったら、それも無駄にはならない経験なのですから。

人生、受け身にならない為に

自分以外の人の意思で生き方が選べない

この意味はとても深いですね。

自分はこうしたいと思っているのに、自分以外の人、それが子供だった場合、両親が一番身近ですね。その両親が「こうしなさい」「これはダメ!」と言う事でそれに従ってしまうというパターン。

また、小さい時から全て母親が決めてきたから、今更自分では何も決める事すらできない!!というパターン

ここまで来るとかなり重症です!でも実際私の周りにはそんな環境に身を置く子供を見かけます。詳しくみてみましょう。

親の行動パターン

==挫折を味わわせたくない==

私の周りにはとにかくこう考える親が多いと感じます。人の事は客観的に見えます。だから「そんな事はない、子供は挫折をした方がいい!」と言えますが、

いざ・・いざ挫折を味わうとなると、それを回避させようと行動したり、そう考えたりしてしまうのです。やはり子供が苦しむ姿は見たくないと。。親なら思うはずですから。

でもあまりにも先回りしすぎて、結果的に子供が本当にやりたいと思っている事を阻止しているとしたら、それはとても勿体無い事だと思うのです。

「できれば挫折をしないで、うまく人生を歩いていけたらいいよね」なんて言う親はたくさんいます。

でもそれって本当に子供の為なの?って思ってしまいます。

==自分の考えを子供に押し付ける==

「自分が味わった挫折を子供に味わわせるのは可愛そう」

「お母さんが、お父さんが今まで経験したことだから、この選択をしたほうがいいに決まっている!」

「お母さんが出来なかった事を子供にやってほしい」

そんな思いで子供に自分の生き方や考え方を押し付けてはいませんか?

自分の夢や思いを子供に重ねていませんか?

子供は子供なりに一生懸命考えるのです。考える!という行動をもっと尊重してあげたいと思います。そうは言っても、時には大人としてのアドバイスは必要な時もあります。

ただそれを踏まえて決めるのは子供自身だというスタンスは守っていかなければと・・私も肝に銘じています。

軽い放任!

まさに私の子育てですが、それがいいか悪いかはわかりません。親の責任にされたくないとも思います。だって私、子供の人生を背負えないし、子供の人生に100%責任持てないですから。

勿論、未成年の子供の親としての責任は当然持ちます。でも子供ってとてつもないパワーとか発想があるんですよね。親が知らない顔も実は持っていたりするんです。親がいない方が本当はうまくやっていけたりもしますから。

信じてあげる!

大事ですよね。

子供の行動パターン

==親の顔色を見る==

子供は基本的に親の事が大好きです。何と言っても絶対的に信頼できる存在です。だから、子供は親に可愛がられたいし、鎌って欲しいし、親が喜ぶ事をしたいと思うのです。

親が嫌がる事をするとしたら、それは単に自分の方に向いてほしいと思っているだけです。でも基本的には親の前ではいい子でいようと思う子供が多いと思います。

子供が「親の顔色を見る」そんな行動をしていたら・・!!実は当の本人、親は気づいていない事があるんです。第三者に言われて初めて気づいたという親も多いようです。

自分の気持ちよりも親の顔色を見て自分の感情をコントロールしてしまう!小さい時はもしかして、少しくらいは仕方のない部分もあるのかもしれませんが、ある程度の年齢が来たら、子供を解放してあげる勇気も、親は必要ですね。

==親が言う事が正しいという勘違い==

子供の年齢が小さいうちは、親はどうしても干渉してしまいます。特に一番上の子の子育ては、とにかく心配なのです。

でも思春期も過ぎた子供が、自分の洋服を選べなかったり、学校の進路も決められなかったり、自分でやりたい事を決められなかったり、それはかなりやばいと思うのです。

親がいなければ、親が決めてくれなければ何も決める事が出来ない!自分の生き方を決められないとしたら、それは親が決められない環境を作ってしまったのかもしれません。

親はそれで満足するのでしょうか?きっと大きくなった時に、そんな子供を見て「どうして決められないの?」と思うはずです。でもそれに対してまた手を差し伸べてしまう。。それってなんの解決にもならないと思いませんか?

親が大人になること

私も、もちろん偉そうには言えません。子育てに正解はないと、本当にそう思っていますし、私の子育ても全部が正しいとか、子育てに関して全く後悔していないかと言うとそんな事はありません。

でもアラフィフともなれば、子供はもう成人して、独立していくのです。それと同じ様に、母親である自分も女性として、人としてきちんと自立をしていかなければと思います。

いつまでも子供に頼ったり、子供の方ばかりを向いていては、自分の人生の選択をも間違ってしまうかもしれません。

子供はしっかり親の背中を見ているのだと・・

だからこそ自分自身が自分の生き方を選べないでいたら、そりゃ~子供だってそんな生き方をしてしまうかもしれません。反面教師となるのか?はわかりませんが、自分もこれからの生き方をしっかり選択していく事が一番だと思います。

すぐにわかってくれなくても、子供にはいつかきっと、通じるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

生き方を選べない子供を育てているのは、もしかしたら親である自分かもしれないと言う事を冷静に考えてみるのも必要なのかもしれません。

親は子供の一番の応援団には変わりはないのです。だとしたら、思いっきり子供は子供らしく、頑張っている姿を見たいと思うじゃないですか!!

子供自身が選んだ生き方を黙って、あったかく見守る事も親として成長する一つの試練なのかもしれませんね。

 

 

こんな記事も読まれています。

50歳からの生き方で女性は変わる!人生をより楽しむ為に

スポンサードリンク