親権と監護権!父親と母親が分担する意味とメリット、デメリットとは!?

子供の親権をめぐって夫婦が対立!ついには泥沼化する・・

という悲惨な状況になってしまう事もあります。

子供が可愛いからこその対立なのですが、、、子供にとってはあまりいい状態ではありませんよね。気持ちはわかりますが、長引けば長引くほど子供への心の負担が大きくなります。

早期和解!が一番です、親権を父親、監護権を母親がもつというのは和解策になるでしょうか?

スポンサードリンク



親権!についてきちんと理解していないと和解の道になかなか進めない事もあります。

調停員や弁護士からの提案やアドバイスもあるのでしょうが、選択肢を把握しておくと話もスムーズに進むはずです。

スポンサードリンク



父親の親権とは

一般的に親権と言われて認識している事は、子供と一緒に生活し教育をし、養育の責任を負う!と言う事だと思います。

でも厳密には親権には二つの役割があって、身上監護権財産管理権があります。

教育や養育の部分を監護権と呼んでいます。また、子供の貯金や財産に関わる契約や管理の部分は財産管理権となります。

普通は監護権と財産管理権は親権者である方の親が一緒に行います。

親権、監護権についての詳しい記事はこちらから

でももめにもめて。。。

どうしようもない時にこの二つの役割を分ける事が出来ます。どっちがどっちを担う?って話になると・・

子供の年齢にもよりますが、子供の年齢が低ければ低いほど母親が監護権を持つことになるようです。となると父親が財産権を担う事になるんです。

それを父親が親権、母親が監護権というように表現しています。

親権と監護権を分ける理由

父親と母親、どちらも子供の親権を持ちたいと思い、決着がつかない場合の解決策として、親権を分けるという事をお話ししてきましたが、他に親権を分ける時はどんな時でしょう!?

例えば、父親が親権を持ったとしましょう。でも父親が海外赴任になってしまったとか、病気で入院しているなどの理由で、子供と一緒にいる事が困難な時

また財産の管理は母親が苦手で父親に任せたい。適材適所!という事ですね。

父親と母親が争う場合だけではなく、双方が協力し合って子供を養育するという事もあるようです。

また余談かもしれませんが・・

出産する前に離婚してしまったら?その時の親権は必然的に母親になります。しかしそのあとに親権を変更する事もできます。

また親権を持った方が死亡してしまった場合はどうなるんでしょう?例えば父親が親権を持っていた場合、必然的に母親が親権者になるわけではなく「後見人」を立てる事が出来ます。

簡単に考えては危険なデメリットとは?

離婚する時は父親と母親の気持ちの整理もできていないと言う事もあり、お互いが役割を分担する事で合意をしたかもしれません。何せ親権の決定は離婚届けを出すときに決めなければいけない事なのですから。

特に裁判でもめた時など、長期化する事で心身ともに疲れてしまう事もあります。解決のために折れてしまった・・・と言う事もなきにしもあらずです・・

でも後々になって親権と監護権を分けた場合のデメリットも覚えておきましょう。

例えば子供の戸籍は離婚しても父親の籍に残ることになりますよね。母親の籍に入れる場合は裁判所で「子の氏の変更許可」をもらう事になるのですが、その場合、母親の監護権だけだと、その手続きができません。財産管理権(親権)を持った父親の承諾が必要になります。

また母親が再婚をしたとします。子供を再婚相手の戸籍に入れたい場合、再婚相手と子供は養子縁組をする事になります。子供が15歳未満の場合は、子供の籍は父親の所にあったとしても、母親の戸籍にあったとしても財産管理権(親権)をもっている父親の承諾がないとそれができないのです。

父親が承諾してくれたら話は終わるのですが、場合によっては拒否されることもあるかもしれません!!

思わぬところで法律の落とし穴に落ちないように・・後になって

「えーーーー!」

なんてことにならないようにしたいですね。

知っておくべきこと

とにかく離婚となると、冷静になれない事もあります。お互い感情的になってしまい、言いたい事も言えなかったり、逆に言いたくない事まで言ってしまったり・・

大切な事を見逃してしまっては大変です。子供がいる事も忘れて言いたい放題になってしまい、子供の存在が置き去りにならないようにしたいですね。

それでも裁判で、お互いがどうしても親権を譲らないとか、もめてもめてどうしようもない場合の解決策として親権を分ける!という決定になる事があるようです。

経験しないと、また、調べないと知らないことが沢山あります。だからこそきちんと調べて子供にとっても、そして二人にとっても一番いい方法を選択できるといいですよね。

心身の状態によって、どうしても双方が親権を持てない場合には第三者が親権を持つ事も出来るようです。でも親権を分ける事で生じるリスクもある!ということはわかっていないと、後でまた、もめる事になるかもしれません。

本来なら監護権と財産管理権は同一者がもつのが自然な流れといえるのでしょう。

肝心なのは離婚した後

どちらが親権や監護権を持つと言う事も大事なのかもしれませんが、もっと大事なことは親が責任を持って子供を養育すると言う事です。

離婚して子供が大きくなると、元妻は元夫がいない生活が当たり前になり、元夫もまた子供の事は気にならなくなったりします。そして子供も親がいない事が普通になったりもします。

どんな形が一番いいのかなんて決まった形はないのです。他人がとやかく言うことでもないのです。離婚しても友達のような夫婦もいれば、別れた理由によっては二度と顔も見たくないと言う場合もあります。

離婚した後、子供の生活を見守ることや、金銭面でサポートするのは父親としての責任でもあります。また親権を持った方は子供の生活やメンタル面のサポートなどは絶対に必要な事です。

子供は両親の離婚については、その時だけでなくいくつになっても、背負っていくものだと思うからです。

その事を話し合えればベストな離婚と言えるのかもしれません。

 

こんな記事も読まれています。

スポンサードリンク