親権と養育権は何が違う?親権を持つ親がしてはいけない事とは?

子供がいる場合の離婚で一番気になるのは親権のことだと思います。

夫と妻が子供の親権で対立するという話は珍しい事ではありませんし、親権がスムーズに決まらない事で、調停や裁判になり、泥沼化していくと言う事もありようです。

でも親権について本当に理解していますか?また養育権との違いは何でしょうか?子供の親権を持つというのは実際どういう事なのか、親権をもつ親が気をつけたい事はどんな事なのか?離婚前に確認しておきましょう!

スポンサードリンク



親権と言うと子供を育てる事の出来る権利!?

子供と一緒に暮らせる権利!?

何となくわかっているかもしれませんが、間違ってはいけないのは権利でもありますが、義務だという事です。

親権は子供を養育、教育する義務なのです。

離婚をした場合の親権は父親か母親のどちらかが持つことになります。離婚をしたのに二人で親権を持つ事は出来ません。親権は親としてのすべてにおいての子供への責任ですね。

スポンサードリンク



親権と一口で言っても・・!?

親権と一口に言っていますが、実は細かく分けると二つに分けられるって知っていましたか?

私は離婚経験者でありながらこれを知らずに見過ごしていました。何故なら、私の場合は親権については何のトラブルもなく私が持つことに同意してくれたからです。

要は子供の親権については、何ももめていないと言う事です。

でも知らないって怖いですね。後でこんな事になるなら・・調べておけばよかった!って思っても後の祭りですからね。

親権

身上監護権(これが俗にいう養育権の事になります)

未成年の子供の心と体の成長の為に教育や養育を行うことを言います。実際子供と一緒に生活して、衣食住を共にするということでもあります。

財産管理権

子供に財産があった場合の財産を管理したり、子供に代わって法的な手続きを行う事です。未成年が行えない契約や財産に関係する手続きを行います

監護権と財産管理権があるようですが、実際財産管理と言っても、直接子供と関わるというよりは、書類上の手続きの中での関わりになるので、監護権が一般的な親権と認識されているのかもしれません。

あくまで子供がより良い環境で生活し、教育を受けられるようにする為のものですので、子供の為の権利と言っても良いのかもしれません。

親が中心だったり、親の身勝手ではなく、子供を尊重した、子供の為の制度だと言う事を理解しておきましょう。

親権と養育権って何が違うの?

親権イコール養育権、つまり監護権と言う認識でいましたが、厳密には親権者と監護権は別の人でもいいのです。

父親が親権者となり法定代理人や子供の財産の管理を行って、母親が監護権を持って一緒に住み、子供を監護・教育するという形になります。

数は少ないみたいですが、親権で双方がもめた場合、親の権利を分ける!という解決策もあるようですね。滅多にない事のようなので、一般的な認識としてはやはり親権者が監護権も財産管理権も両方持つ!という選択が多いようです。

親権と子供の苗字って関係あるの?

知れば知るほど、国の制度ってわかりにくいというか、ややこしいですよね。

知らない事も多いと感じますが、経験しないと調べないことや、知らないままの事ってたくさんありますよね。じゃあ親権を持たないと子供の苗字ってどうなるの?と考えたりもします。

子供の苗字はどちらが親権を持つか?という事よりも戸籍の問題になるのでちょっと違うようです。例えば両親が離婚し、母親が親権者になったとしても、何もしなければ、子供は母親の苗字にはならないと言う事です。

なぜなら、離婚してそのまま何もしなければ、子供は父親の戸籍に残ったままなのです。つまり父親の姓を名乗ることになります。なので母親と同じ苗字を名乗るためには子供を母親の戸籍に移す必要があります。

それが、家庭裁判所に子の氏の変更許可の申立をすると言う事です。その申請をして、母親の戸籍に入れ、母親の苗字に変更する手続きをとる事ができます。

または、自分が旧姓に戻さずに子供と同じ苗字を名乗る!つまり離婚しても父親も母親も子供も苗字は変わらない!と言う事です。その場合は自分が独立した戸籍をとる事になります。

また、母親だけが旧姓に戻して、子供は父親の名前を名乗る事もできます。その場合は子供は父親の戸籍に残す事になります。

親が離婚しても子供が父親の戸籍に残るというのは法律上仕方のない事ですし、子供や母親の苗字ひとつでも色々な選択肢があるので、事前に調べる事はとても大事ですね。

苗字については離婚してからの少しの猶予がありますが、親権については離婚と同時に決めなければいけませんので、準備は必要です。

子供の苗字に関しての記事はこちらから。

親権が欲しい!!!と願う意味

いかがですか?

普通は親権者が監護権という養育や教育をする権利・・いやいや義務を担う事になります。その中には当然子供と一緒に暮らす、衣食住を共にする事が含まれますよね。

そのための親権はどうしても持ちたい!!と考えるのは母親なら当然の事なのかもしれません。

幼い子供に親権を選ぶ事は難しいのかもしれませんが、15歳以上であれば子供の意見も尊重されるようです。また15歳未満でも10歳を超えている頃からは子供の意見を聞いてくれると言う事もあるようです。

協議離婚の場合は双方の話し合いになりますが、調停や裁判となると、親権については裁判所が決定する事になるので。母親がいくら親権が欲しいと思っても、子供が「父親と暮らしたい」というかもしれません。

実際そんな話もあるそうです。親権は親の考えや、親の権利ではなく、子供がどうしたいのか?また子供にとって一番いい環境はどれなのか?を考える事なのですね。

子供の気持ちを置き去りにしないために

そう考えると子供の気持ちを理解するのは本当に難しいのかもしれません。

「あんな父親にだけは渡したくない」

と父親を恨む気持ちもわかりますが、子供にとっては父親なのです。

子供は二人の喧嘩を冷静に見ています。子供は親が思っている以上に大人なのかもしれません。

子供についつい愚痴を言ってしまったり、父親の悪口を言ったり・・

やってしまいますよね。。。

でも、もっとやってはいけないのは、離婚した後に後ろ向きな言葉を発してしまう事です。「こんなはずじゃなかった」「この先どうしよう」

つい言っちゃいそうですが、ここはぐっとこらえて・・

子供はもっと我慢しているかもしれません。傷ついているかもしれません。それでも子供は子供なりに頑張っているはずです。後ろ向きな発言は子供の気持ちを置き去りにしてしまいます

決めたなら前向きに進む!それを忘れたくないと思います。

まとめ

親にとって子供は大切な宝物です。どちらかが親権を持つと言う事は、どちらかは持てないと言う事です。でもどちらも親には変わりがないのです。

子供には罪はないし、離婚する事で少なからず子供は傷ついているのです。子供が一番笑顔でいられる環境を与えてあげられるように、親として寄り添ってあげる事が大切なのかもしれませんね。

離婚して親権を持ってしまえば・・・ではなく大切なのはそのあとです。

親権を持ったのなら、子供を教育する、子供を監護する!親権は権利ではなく義務なんだという責任と覚悟で育てていく事が大切です。

私も偉そうな事は言えませんが、失敗しない事、子供の好き勝手にわがままさせる事が責任ではなく、子供と真正面から真剣に向き合う事!

そして、子供と自分の人生がともに豊かで楽しいものになることが一番だと思いませんか?

 

こんな記事も読まれています

子供がいるから別居や離婚をしない母親の本音!別居や離婚で子供はどう変わる?

スポンサードリンク