モラハラ夫と離婚を決意! 慰謝料の相場は?確実にもらう為に知っておく事!

結婚するまではモラハラ夫だとは気付かなかった!!

でも今となっては後悔しても後の祭り。。

前を向いて離婚したい所!でもモラハラ夫との離婚じゃなくても離婚となると今後の生活の事が一番気になるポイントです。

しかもこれだけ傷つけられ、恐怖を感じた代償として慰謝料は欲しいと考えますよね。でも、モラハラ夫から慰謝料もらうなんて怖くて言えない・・というのが現実なのかも!

モラハラで離婚した場合の慰謝料ってどのくらいもらえるの?相場っていくらくらい?

これを知ったら離婚の決意できますか?強くなれますか?

スポンサードリンク



離婚後の生活を考えた時、お金の不安は深刻です。モラハラは慰謝料の対象になるのでしょうか?

スポンサードリンク



慰謝料とは?

そもそも慰謝料と言うのは精神的な苦痛や悲しみなど、なかなか形にする事が出来ないことに対して、それを加害者が被害者にお金という形で支払うものです。

離婚の場合の慰謝料とは、結婚によって生じた苦痛とか悲しみなど、精神的なダメージに対して支払われるお金の事です。

どんな離婚にも慰謝料が発生するわけではないのです。具体的に言うと

  • 不倫や浮気
  • DVやモラハラ
  • 生活費をもらえないなどの悪意の遺棄
  • セックスレス

等です。

この中で悪意の遺棄と言うと、あまり聞きなれない言葉かもしれません。

悪意の遺棄とは夫婦と言うのは同居し、お互いに協力したり、援助する義務があります。それを正当な理由がないのに、別居したり、援助や協力をしない行為の事を言います。

例えば、生活費を渡さなかったり、働けるのに仕事をしなかったり、愛人と生活をして家に帰らなかった。と言う行為です。

余談になってしまいましたが、モラハラは慰謝料の対象となる行為です。

モラハラの場合相場はいくら?

離婚の原因には様々な状況がありますので、場合によってその巾も大きくなりますが、どの原因もだいたい50万~400万くらいのようです。

モラハラも同じく、50万~300万となります。

巾広いですね・・

中には500万という場合もあるそうですが、相手の年齢や収入、社会的な立場によっても金額が変わってきます

DVやモラハラの場合でも被害を受けた妻の精神状態や、モラハラを受けていた期間後遺症なども考慮されるようです。

話し合いで決められない場合には調停や裁判となるのですが、相手との話し合いが出来ない場合には、弁護士や女性相談所などに相談してみましょう。離婚の準備についてはモラハラ夫からの脱却!!離婚の準備はこう進める!

しかし離婚の話をすることすら恐怖かもしれません。まして調停や裁判なんて、どんな仕返しをされるかと考えると躊躇してしまうかもしれません。

そんな人には知っておいてもらいたい情報があります。

慰謝料を請求できる期間

モラハラやDVが原因で離婚をする場合、一刻も早く家を出なければいけない状況も考えられます。精神的に耐えられず限界!体がぼろぼろ!など命に関わる事もあるかもしれません。

また離婚を切りだすだけで精一杯で、慰謝料の事まで口に出せなかったという状況もあります。

そんな時も、慰謝料の請求は離婚してから3年間は出来るのです。なので少し精神的にも落ち着いて生活が出来るようになってからでも遅くはありません。

ただし証拠は必要となりますので念のため取っておきましょう!

 

その他の請求

養育費

子供の養育費は子供がいれば請求することができます。当然二人の話し合いで決める事もできます。

金額的な相場は夫の収入などにもよりますが、一人3万から5万というのが相場でしょう。私も、私の友人も相場でした。

でも意外なことに養育費をもらっている女性は、全体に40%未満なのです。どうして請求しないのでしょうか?

  • 相手の収入が低いなどの理由で払ってくれるとは思わなかった
  • 1人でも何とかなると思った
  • 話をするのも、関わるのも嫌だった

等の理由だそうです。

でも子供を一人で育てるのはお金もかかります。それを全部ひとりでまかなうのは大変な事なんです。良く考えて取り決めをしましょう。

子供の親権についての記事はこちらから

財産分与

一般的に、夫婦が一緒に協力して作った貯金や資産、家具や車など婚姻中に得たものが対象となる財産分与は「清算的財産分与」と呼ばれルものです。同時に夫婦が作った借金などもそれにあたるので、その金額がマイナスにならなければお互い半分ずつに分けることになります。

さらに財産分与には「扶養的財産分与」と言うのがあります。例えば妻が専業主婦だったり、病気で仕事ができなかった場合など。生活が出来ないくらいの状態にならないように収入のある方が生活費を渡す!と言うものです。この制度を知っている人は少ないかも知れません。

二人の話し合いで財産分与をした場合には、こういう財産分与があることも知っておくといいですね。

果たして慰謝料はもらえる?

モラハラで辛い思いをした、心に深い傷を負った。更に、エスカレートすると精神的な病気になってしまう場合もあります。そんな状態で離婚を決意するわけですから、現実的に慰謝料について冷静に話ができる・・と言うのは少数の夫婦かもしれません。

それこそ逃げるように家を出た!と言う人もいるかもしれませんし、夫が働くことを許してくれない為に、働きたくても働けないという妻もいます。

実際顔を見るのも怖い、辛い!!となると、気持ちがいっぱいいっぱいになってしまって、お金のことを考える余裕さえなくなってしまう事もあります。

先ほども書いたように、慰謝料の請求は3年間できるので、まずは自分の事を優先に考える事です。その上で慰謝料をもらう為には証拠を揃えたり、相談所の相談をしたりの準備も必要です。

まとめ

モラハラの離婚の場合、何としても慰謝料をもらいたいと思う反面、精神的なダメージが大きすぎて、また今までの経験がトラウマとなり、慰謝料のことが言い出せない。というのもわかります。

モラハラ夫は自分が悪いと認めないし、感じていないという場合が多いからです。それでも夫には自分がやってきた事を認めてもらい、慰謝料という形で示してもらいたいと思うなら、弁護士などに相談するなりして、しっかり準備をして請求するのがいいでしょう。

しかし、言っても無駄!わかってくれない!状況が更に悪化する!などの理由で請求を諦めるという妻も少なくないのでは・・と思います。

どちらにしても、モラハラ夫との関係に終止符を打とうと決断をしたのです。その決断と覚悟があれば、この先の人生はきっと幸せに歩いていけると信じてください

慰謝料を請求することはとても大事なことですし、もらえるならそれに越したことはありません。でも自分のことが一番大事なのです。慰謝料の事だけにとらわれてしまい、前に進めない!ということにならないようにしましょう!

 

 

とりあえず別居したいと考えている人は

気になる別居の生活費の相場!実家に戻るとどうなる?

 



スポンサードリンク