モラハラ夫からの脱却!!離婚の準備はこう進める!

離婚しようと考える理由はたくさんあります!

夫婦にとって離婚は人生の転機です。悩み、苦しみ精神的なダメージも大きいのですよね。特にその原因がモラハラとなると更に深刻です。

モラハラとは

モラハラの程度にもよりますが一刻を争う事もあるのかもしれません。そうはいっても今すぐ離婚となるとその後の生活の心配も重なります。

離婚に向けた確実な準備をしていきましょう!

スポンサードリンク



私も以前モラハラの彼と付き合ったことがあります。

でも私、自分がモラハラにあっていることに気づいていなかったんです。

先日モラハラ現場に出くわした

とあるファーストフード店での事。40代の夫婦がカウンターで注文したサンドイッチと飲み物をトレーに乗せ運んでいました。

運んでいたのは奥さんの方だったのですが、奥さんはそのトレーを落としてしまい、サンドイッチと飲み物は無残にも床に散らばってしまい、食べられる状態ではありませんでした。

その時です!!

一緒にいたご主人がすさまじい勢いで奥さんを大声で怒鳴り散らし、なじりだしたのです。定員さんも慌てて片付けを手伝っていますが、その怒りは収まらず、ずっと店内にひびく罵倒。

奥さんは黙って立っているだけです。

店内には若い女性客も多かったのですが、たちまち凍りつき・・・あたりはしーーーんとしています。

私はただただその男性の罵倒に恐怖を覚えました。女性が男性に大声で怒鳴られたり、なじられたりする事はとても恐怖なんです。以前受けたモラハラの記憶がよみがえり震えが止まりませんでした。自然と体が反応してしまったようです。

スポンサードリンク



もしかして私モラハラを受けている?

ここ何年かでモラハラという言葉がよく聞かれるようになりました。

友人から「モラハラを受けている!離婚しようと思っている」と聞いたのがモラハラという言葉を聞いた最初でした。

はたから見たら幸せそうな夫婦だと思っていたのに、信じられないというのが正直な感想でしたが、でもモラハラを知れば知るほど、友人の旦那さんはモラハラ夫だったんです。

彼女を束縛し、独占し、ついには奴隷化してしまう。。いつも悪いのは彼女。彼女の人格などどこにもないのです。

そんな状況にとてもストレスを感じていたようです。そして離婚を決意!幸いモラハラの程度はまだ軽かったようで協議離婚が成立しました。

これがモラハラか!!と思った記憶ですが、まさか私自身がモラハラに合う事になるとは夢にも思っていませんでした。

こんなはずじゃなかった

結婚した時はここまでの恐怖を覚えるとは思っていなかったという人も多いでしょう!

モラハラ夫は徐々に変貌する事が多いようです。そして気づくと、これってモラハラ?私モラハラ夫と結婚してしまった?そう気づくのです。でもモラハラを受けている女性はこう考えます。

「もう逃げられない」

「私が我慢すれば」

「私がいないとダメ!」

と。そう思う事自体がすでにモラハラを受けている事なのです。そしてモラハラから逃げられない要因になっているのです。

かといってモラハラを受けている自分が悪い!という事は思わなくていいのです。モラハラをする夫が悪いのですから。

離婚を決意するとき

知っておいて欲しいのはモラハラは立派な離婚の原因になると言う事です。

自分が受けていることは、モラハラだと気づいていない妻もいるのです。私の様に・・

まずは心に傷を負ったり、苦痛だと感じる事があったら専門家に相談をしてみる事もお勧めです。「亭主関白」という枠を超えているのです。

  • 思いやりが全く感じられない
  • 自分の事が一番、自分が一番可愛い
  • いつも妻の責任にする

など愛情を感じるどころか、言う事を聞かないと怒鳴ったり、物にあたって大きな音を出すことで萎縮させたりします。

そんな事を毎日繰り返していたら、恐怖しかありません。そして逆らったらまた怒られる、なじられる、物に当たる!妻は精神的にボロボロになるのは目に見えています

自分だけならまだしも子供がいたら尚更です。いつまでもその生活に耐える事は出来ますか?

そんな時は離婚の準備をする事です。

まずやるべき事

自分の意志を強く持つことです。

絶対に別れる!!絶対に離婚する!!と・・

まだ気持ちが残っている場合、その判断を見失ってしまう事もあるのかもしれません。でも今のこの現状から逃れたい、少しでも変えたいと思うなら、その決断はとても大事です。

その為には一人で抱え込んで悩んでいては、前に進まないことが多いです。自分一人ではこれが常識、当たり前という感覚がどうしても抜けないからです。

これは明らかにモラハラで、よくない状況だと言う事を認識する意味でも、誰かに相談する事はとても大事です。

私はそれによって今までされてきたことがモラハラだったんだと、ようやく認識できましたから。それだけ当事者は気づかない事もあると言う事です。

放置しておくのは危険です。信頼出来る友人や女性相談所でも話を聞いてくれます。

「でもバレたら怖いし、おおごとになりそうで・・」

と思ってしまいますが、、、、その気持ちわかります。でもその大きな決断がとても大事だと感じます。

離婚への準備

モラハラ夫が離婚を素直に認めてくれるとは到底思いません。なので離婚するためにはそれなりの覚悟も必要です。

また助けてくれる人を見つけ、自分自身を守ることが大切です。第三者の協力なしでは、とても難しいと言う事も理解しておきましょう。

モラハラの程度にもよりますが、お互いの話し合いでの協議離婚は限りなく不可能に近いのかもしれません。調停や最終的には裁判も覚悟しておきましょう。

そんな事したら仕返しが怖い、本当に離婚できるの?と不安になりますが、一つずつ前に進めていく事です。

証拠を集める

モラハラは日常的に行われているケースも多いのですが、自分が精神的に辛いと感じた夫の行動や言動をきちんと記録しておくことが大事です。

SNSでのやり取りでの会話にも、小さな言動が少しずつ蓄積されて、心の傷になっていくと同時に心までも支配されていくのです。

それをひたすら日記にしたり、メモしたり、モラハラの事実を正確に記載する事が重大な証拠となります。

公共施設に相談

先にもお話ししたように、公共の施設や相談所に相談をするという事も重要です。

それは、自分が本当に苦しい。どうにかしてこの状況から抜け出したいと思っている証でもあります。妻が精神的に追い詰められていたり、ストレスを感じている証拠にもなります。

以下を参照してください。

全国婦人相談所一覧

女性センター一覧

専門家に話すこと、意見を聞くことで自分が今置かれている現状を把握する事も大事ですね。

お金を準備する

専門の機関に相談した後、弁護士にお願いして離婚を勧める事になると思いますが、弁護士に相談するとなるとやはりお金のかかる事です。

また今後別居や離婚となった時もお金は必要です。

お金がないから無理!と諦めるのではなく、これも相談してみましょう!

夫に気づかれないで準備をする

そして大事なことはモラハラ夫には気づかれないように行動する事です。

話し合いで通じる相手でなければ、更にそこは慎重に!ですね。出来れば離婚するためのお金や証拠など準備が出来るまでは密かに進めるのがいいですね。

そうはいってももし命に係わるとか、もう限界!と感じた時は、自分を守る事を優先するのを忘れないで下さいね。

まとめ

モラハラを受けていると、いつしかそれが当たり前になっていたり、自分が間違っているんじゃないかと考えたりする事があります。

私自身、このモラハラから脱出できたのは、勇気を出して行動したからです。

そして、悩んでいるのは一人ではないと言う事を知ってくださいね。そして離婚に向けて自分自信が覚悟を持って準備をすれば、必ずいい方向に進んで行くと信じる事が大切です。

離婚したいと思うなら、準備をするために行動する事です。自分の人生は自分で切り開いて行きましょう!!

 

まずは別居をしたいと考えているなら

別居前に確認!別居での生活費はどうなる?夫に支払義務はある?

スポンサードリンク