嫁には嫁の言い分がある!姑に子供を預けたくない嫁の5つの本音

b3f3f7047b7271349b2f

姑に子供を預けたくない嫁の本音

お姑さんにとっては待望の初孫!
この日を楽しみにしていたのに、
その想いとは裏腹に
姑に子供を預けたくないお嫁さんがなんと多い事か・・
そこには『嫁と姑』の確執が尾を引いているのかもしれませんが、
お姑さんにとってはどうにも納得のいかないお嫁さんの行動!
では子供を預けたくないお嫁さんの本音とは?

スポンサードリンク



孫を自分達のものだと思っている

そりゃ孫はお姑さんの息子の血を引いているし
自分達のもの・・○○家のもの・・
と思いたくなる気持ちもわかります。
可愛がってくれるのは勿論ありがたいと思います。
でも、お姑さんの孫である前に息子夫婦の子供なのです。
自分の時はお姑さんに面倒を見てもらったから
それが当然だと思うのはちょっと待った!!
ですね。

 

嫁を邪魔扱いする

孫を見る時にお嫁さんがそばにいると
何かと自由に孫と遊べないと思うのか??
お嫁さんに「出かけてきたら?」と言うお姑さん。
その何気ない言動が案外お嫁さんを傷付けています。
孫可愛いさあまりにお嫁さんを傷付けてしまっては
お嫁さんも面白くはありませんね。

 

お願いした事をやってくれない

お嫁さんも子育ては手さぐり状態です。
色んな本を読んだりネットで調べたり
お友達に情報を聞いたりしてようやく育児を
覚えたり、形にしていくのです。
だから、それを否定するような言動には
腹のたつ事も多いのです。
勿論人生の大先輩ですからお嫁さんより
詳しい事を知っているかもしれませんが、
お願いした事、やってほしくない事は
極力守って欲しいですね。
これではお嫁さんの努力も台無しです。

スポンサードリンク



気分で預かる

家族で協力して1人の子供を育てる!
と言う意味ではお姑さんも協力してくれることには
とても感謝しているのです。
でも本当に預かって欲しい時に
「今日は気分がすぐれないから預かれない」とか
「もう疲れたから迎えに来て」
と言われても困ってしまいます。
次回からあてにならないと思ってしまっても
仕方がありません。

 

責任がない

孫が可愛いのはわかります。
でも孫と言えども預かる以上は責任を持って欲しいと
お嫁さんは思っています。
お姑さんの中には逆に
「責任を感じるから預かりたくない」
と言う人もいるくらいです。
子供はお姑さん達のおもちゃではないのです。

 

 

自分の親なら
「こんなことしないで」
「これをして」と強く言えても
お姑さんにはそれが言えない!
と言うのがそもそもの原因なのかもしれませんが、
いずれにしても家族にとっては大切な存在なのです。
預かる側と預ける側がきちんと子育てについて話し合う事が
大切ですね。

スポンサードリンク