【必見】疲れの原因は活性酸素にあった!体がさびる原因とは?

疲れの原因には色んな要素がありますが、活性酸素がそのひとつの要素になっているようです。
どうしたらこの疲れが回復するの?いざ疲れが襲ってくると、とにかく何とかしたいと考えますよね。何をどうしたら疲れが取れるのか?その疲れの原因は何なのか?が知りたいと思います。
それを知ることで疲れにくい体を手に入れることができるからです。

スポンサードリンク



活性酸素とは危険なもの・・?

gf01a201503220100

美容と健康に関心のある人は活性酸素という言葉は耳にしたことがあると思います。私も美容について調べていた時「活性酸素は老化の原因」今すぐ除去しましょう!という言葉に動揺しました。その活性酸素を除去するには水素水!!というものだったんですがね・・ww

そんなことで活性酸素を知ることになったんですが、実はこの活性酸素が疲れの原因にもなっているという事です。考えてみたら老化の原因になるくらいなので体に悪いもの!というのは想像がつきますよね。

活性酸素とはその名の通り酸素なのですが「酸化させる力がとても強い活発な酸素」なのです。でも人間の体は酸素を吸って生きていますから、酸素を吸わないわけにはいきませんよね。酸素のうち0.2%くらいが活性酸素になるそうです。

ですから必ず人間が生きていれば発生するものなんです。しかも全くないと困るものでもあります。殺菌作用がありますので体に入った菌と戦って私たちの体の健康を守ってくれるというとても良い一面があります。

ただし・・

増えすぎてしまうと酸化させる作用が強いため、細胞を傷つけたり、正常な細胞を酸化させてしまう・・・つまり体がさびてしまうと言う事です。活性酸素はその量によっては体に必要なものにもなるし、増えすぎると体には害になると言う事です。

体がさびるって・・あまり想像がつきませんが体の仕組みって複雑すぎて神秘的ですね。って感心している場合ではありません。危険は取り除きたいですよね。

スポンサードリンク



活性酸素を活発にする原因

疲れの原因が活性酸素だってわかったところで・・
この疲れの原因、活性酸素が増えすぎないようにするためにはどのようにしたらいいのでしょうか?

簡単に言うと活性酸素は体に悪影響のあるものが増えるとその働きが活発になって増える!という仕組みのようです。
体に悪影響のあるもの・・

  • ストレス
  • タバコ
  • 過度の飲酒
  • 添加物や化学物質
  • 激しい運動
  • 紫外線
  • 大量の薬
  • 塩素を含んだ水
  • 不眠

等です。確かに体に有害な物ばかりですね。中に激しい運動がありますが、体に良いと思って無理をするのも良くないのですね。疲れをとるた自分にあった適度な運動!私はもっぱらウォーキングですが、この有酸素運動が効果的と言われています。

なるべく活性酸素の原因となる要因を取り込まないようにすることが大事ですが、なかなか完璧にシャットアウトすることは不可能ですね。ではどうしたらいいのでしょうか?取り込んでしまった活性酸素を取り除く事が出来ればいいですね。

活性酸素を取り除くには

様々な原因で発生してしまった活性酸素、どんどん増え続けると当然体に支障をきたします。少しの活性酸素は害ではないのに、大量に発生すると活性酸素は厄介者になってしまいます。早く取り除いて健康な体の状態を保ちたいですね。そのためにはどうしたらいいのでしょうか?

体内の抗酸化物質を増やす

体内の抗酸化物質は年齢と共に減少するために、年齢と共に活性酸素が増えやすくなると言われています。

抗酸化成分を含む食品をとる

ビタミンC

イチゴ、レモン ホウレンソウなど

ビタミンE(若返りのビタミン)

ナッツ、ウナギなど

亜鉛

牡蠣、レバー

βカロチン

ホウレンソウ、人参、カボチャ、ブロッコリー

ファイトケミカル

  • カテキン緑茶 ・・・紅茶
  • アントシアニン・・・ ワイン、ブルーベリー
  • リコピン・・・ トマト、スイカ
  • アスタキサンチン・・・ サケ、エビ、カニ
  • イソフラボン・・・ 大豆

等、積極的に取りましょう

疲れをためないようにする

活性酸素が疲れの原因の一つだということがわかりました。活性酸素を減らす事、なるべく体に取り込まないことが重要だと言う事です。疲れたと感じたら早めに対策をして疲れをためないようにしましょう。

何より大切なのはバランスの取れた食事です。人間の体は全て食べたものでできています。悪い食事では体も悪くなり、よい食事をすれば体も自然とよくなっていくのです。

良い食事をすることによって体の細胞がよみがえり、健康な体が作られていきます。当然疲れ知らず、病気知らずの体を手に入れることも可能ですね。食べ物を軽視してはいけません。

病気にならないと気付かないことや、疲れを感じたり不調だと実感しないと自分の身体に無頓着になってしまう人がほとんどです。原因をちゃんと理解して体に優しく対応が出来れば、疲れ知らずで健康な体を手に入れることが出来るはずです。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます。

いつまでも疲れが取れない原因は病気なの?病院に行く行かない?

スポンサードリンク