疲れの原因は乳酸?それとも物質F?疲れがたまりやすい人はこんな人!

趣味の山登りをした時に友達が「乳酸がたまって疲れてきた、もう足が限界~」と言っていました。乳酸がたまると疲れる!というのはよく耳にする話ですよね。疲れの原因は乳酸なのでしょうか?

でも乳酸という物質って一体何なの?乳酸がたまりやすい人、たまりにくい人っているの?私って乳酸たまりやすいの?一体どんな人がたまりやすいのでしょうか。

スポンサードリンク



疲れの原因は乳酸?

乳酸という言葉はよく耳にしますが、乳酸とはいったい何でしょうか?

lgf01a201404251400

乳酸とは

身体のエネルギー源となるブドウ糖を分解する時に、ATPと一緒に作られるのが乳酸という物質です。言い方を変えるとエネルギーを作るときに発生する老廃物です。以前はこの乳酸が疲れの原因とも言われていましたが、直接疲れの原因になる物質ではないようです。ただ乳酸が筋肉や血液中にたまると疲れを感じやすくなるのは確かなようです。

じゃあ乳酸って老廃物だし、体にとっては悪者なの?と思いますよね。

スポンサードリンク



乳酸は悪者?

乳酸は本当に悪物なのでしょうか?

そんな事はありません!乳酸は発生したあと血液によって肝臓に運ばれて再びエネルギーの元になるグリコーゲンを作るために使われるので、まさしく再利用されているんですよね。

なので100%悪者という事ではありません。しかも乳酸がたまってきても血液で筋肉や肝臓で再利用されて減っていくので血液中にたまるという事はありません。

乳酸がたまる人!

とはいえなかなか乳酸が減らずに疲れが取れにくいう人も中にはいますよね。一体その違いはどこにあるのでしょうか?

おさらいをすると乳酸はブドウ糖を分解する時に発生する老廃物のようなもの。でも血液によって運ばれて筋肉や肝臓でエネルギーの元になるグリコーゲンを作る・・・・血液で運ばれる・・・その血液の流れ、循環が悪かったら??

そうです。血液の循環が悪い人は乳酸がなかなか減らな、いため、疲れがたまりやすいと言えますね。長時間のパソコンの作業や座り仕事が多い人、普段から運動をしていない人も要注意ですね。

自分で血液の循環が良くないと感じたら、もしかして乳酸がたまりやすく、疲れを感じやすい体になっているかもしれません。

血液の循環を良くする

では血液の循環を良くして乳酸がたまりにくい体にし、結果疲れにくい体を作るにはどんな事に注意をしたらいいのでしょうか?

睡眠

睡眠といっても、寝れば寝るほど疲れる質の悪い睡眠と、筋肉の疲れと緊張を取り、心身ともにリラックスできる質の良い睡眠があります。当然質の良い睡眠を心がけることが大切ですね。

運動

普段からストレッチをしたり、体を動かして筋肉が固まらないようにすることを心がけましょう。乳酸を貯めないようにするには無酸素運動よりも有酸素運動が効果的ですね。ウォーキングや水泳でリフレッシュしましょう。

なかなか時間がないという人は自宅でも簡単に出来るストレッチがお勧めです。

  • 両手を方に置いて後ろに前に大きく肩甲骨を回す
  • 体の後ろ側でストッキングを両手でもってそのまま腕を交互に後ろに回す、次に同じく交互に前に回す
  • 頭の上でタオルを両手で持って左右に傾ける

こんな簡単なストレッチでも筋肉のコリを和らげることが出来ます。

入浴

体を外から温める事も大切です。いつもシャワーで終わり~という習慣の人は、湯船につかって体を温めるようにしてください。温めることで筋肉が和らぎ血流も良くなります。岩盤浴も体の芯から温め、同時に老廃物も排出してくれるので効果的ですね。なによりリラックスできることがいいですね。

栄養

身体を中から温める食べ物をとることも大切です。代表的な物にショウガがありますが他にも体を温める物には玉ねぎ、ニラ、ニンニク、ネギ、鶏肉、エビ、タイ、紅茶、唐辛子、シナモンなどがあります。

又疲れを回復させるビタミンB1が含まれる豚肉や、ビタミンCを多く含む酸っぱいもの、また栄養ビタミン、ミネラルもしっかりと取りましょう。

物質Fが真犯人?

乳酸が疲れの原因ではないとしたら一体何が疲れの真犯人なんでしょうか?最近では物質Fと言われるたんぱく質が疲れの原因だと言われています。

物質Fは乳酸とAPTと同じような感じなのですが、運動をしたり、疲労を感じた時に物質FFとFRが同時に発生します。

FF(ファティーグ・ファクター)→疲労を感じる物質
FR(ファティーグ・リカバー・ファクター)→疲労を取る物質

FFが多く発生すると疲れを感じるようになるんですね。同時にFRも多く発生する事で疲れはなくなるはずですが、加齢とともにFRの発生も少なくなってしまう事で疲れが取れない、疲れがたまるという状態になる様です。

FRを増やす方法

運動と共にFFもFRも増えるので、運動はとてもいいのですが、あまりにも過激な運動よりもウォーキングや水泳などの有酸素運動をしている時や、リラックスしている時に多く発生する事が分かっています。つまり副交感神経が優位に働いている時に発生するようです。

 

又、イミダゾールジペプチドというアミノ酸がFRを増やしますのでイミダゾールジペプチドが多く含まれる鶏の胸肉やささみ、マグロなどを食べることも効果的です。運動をする時には朝食にササミ!を一品追加してみるのもいいかもしれませんね。

いずれにしても疲れを感じるのは体の中のたんぱく質や老廃物にあるようですね。常に栄養のバランスと睡眠、適度な運動心がけ、ストレスをためないようにすれば、結果疲れにくい体を手に入れることができる!と言う事ですね。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

疲れが取れない40代、50代!気を付けたい3つの事

スポンサードリンク