夫も興ざめ!「姑と縁を切りたい」と言われない為の嫁の心得5条

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

姑と縁を切りたい!と言わないと為に・・

「姑を縁を切りたい」かなり深刻な状況です。
姑と縁を切ると言う事は旦那さんとの離婚を意味します。
そんな事にならない為には少なからずお互いの努力は必要ですよね。
どうしたら姑と上手くやっていけるのか?
縁を切りたいと思わずにすむお嫁さんとしての心得とは?

スポンサードリンク



最初が肝心

結婚当初はお嫁さんとして気にいられたい・・
と思うあまり、自分の意見も言いたい事も言わないで
呑み込こんでしまう。
とりあえず最初だからとお姑さんの言う事をなんでもかんでも
「はいはい」と聞いてしまう。
これがいけないんです。
この先長いお付き合い!
最初に猫をかぶって良い顔するとそんなお嫁さんだと
勘違いされます。
最初が肝心なんです!
最初に夫婦としての意見も含めて、自分の意見をはっきり
主張しておく方がお姑さんの心構えも違いますね。

 

先入観は持たない

同居と人に言うだけで「大変だね!」
と言われたり・・
友達におもむろに顔をしかめられると
何だか大変な事に思えてくる。
でも悪いイメージの先入観を持って同居や結婚生活を
スタートさせてしまう事はやめた方がいいでしょう。
先入観とはそれほど怖いものです。
人の意見は参考程度に・・

スポンサードリンク



敵ではなく味方

一緒に生活しているとそりゃ色んな事がありますよね。
でも愛する旦那さんのお母さん。
家族ですから当然いざと言う時には味方になってくれる人です。
間違っても敵ではないのです。
やられたらやり返す・・とか
この恨み絶対忘れない・・とか
家族だと思えば許せることもあるはずですね。

 

感謝の気持ちは忘れない

どんなに意地悪な人でも所詮人の子です。
嫁が好意を持ってくれれば姑も好意的になり
嫁が嫌いと思えば又姑も嫌いと思ってしまうのです。
常に感謝の気持ちをもって接すれば
必ずその想いは伝わるはずですね。
何かの記念日には感謝の気持ちを形で表すと
より効果的かもしれません。

 

お互い自立をする

家族になったと言っても姑はそもそも他人です。
わかりあえるはずがない、とある程度は割り切る事も大切です。
その上でお互いがお互いに依存しないように
精神的にも自立する事が必要ですね。
自分の趣味の世界を持ったり、外に目を向ける事が増えると
小さな事を気にしなくなります。
例えイラッとする事があってもそんな事をいつまでも
引きずるほど暇ではないのですから・・

いかがでしたか?
奥が深いと思われがちな嫁姑問題ですが
せっかく家族になった人ですから縁を切らずに上手く乗り切る方法を
探してみてはいかがですか?

スポンサードリンク