疲れが取れない40代、50代!気を付けたい3つの事

若いころは1日くらい徹夜しても平気だったのに、40代過ぎたあたりから、徹夜なんてもってのほか!寝ても寝ても疲れが取れないと感じる事もしばしば。この疲労感どうにかしたい。。

スポンサードリンク



40代、50代って疲労感がMAXです

lgf01a201312080900

男性も女性も40代から50代ってお疲れモードの人が多いと感じます。なぜって私もその一人だからです。男性は会社でも管理職につく年代。責任も大きくなり仕事量も当然増えます。毎日毎日、残業にお付き合いでもはや身体は疲労感の塊です。

女性も40代、50代ともなると、子供の手も離れ、子育てもひと段落つく年代。働きに出かける主婦も多いですよね。慣れない職場で人間関係に気を遣いながら、年下の先輩に仕事を教えてもらったり、やったこともないパソコンに悪戦苦闘したり。家に帰ればいつものように家事が待っている!休みの日は疲労感半端なく、何もしたくなーい。

そうです!40代、50代はもしかして人生で一番頑張っている年代なのかもしれませんね。共働きが当たり前。当然旦那さんである男性の役割分担も増え、男性も仕事と家の事で毎日クタクタに。

「最近疲れてない?」って子供に言われて、ハッとしたことがあります。自分でも何となく気づいてはいたけど、気のせいと思いたい。少し疲れているだけ。少ししたらまた元に戻るから・・と思ってみるものの、周りからは確実疲れてるって思われてる!これはかなりショックです。

スポンサードリンク



もう若くないからと諦める?

「もう若くないから」という便利な言葉があります。これを言ってしまえば自分の中でも少し諦めが付きます。仕方がないと思うことができます。40代、50代になると身体に無理が効かない年代なんです。

確かに若いときに比べて出来ないことも増えてきましたよね。例えば

  • 週の中(月火水木)の飲み会
  • 朝までカラオケ
  • 土日二日間の外出

等々。無理してやってしまうと後悔します。しかも疲れがいつまでも尾を引いてしまいますよね~。

でもそうは言ってもいつまでも若くいたいと思うのも事実です。もう歳だから・・と諦めたくない気持ちも実はあるのです。

その疲労感どう回復する?

いつまでも若々しくいたい。昔みたいに疲れ知らずな身体になりたい!というのは誰でも思うことです。実は疲労感がMAXの40代、50代ですが、元気さえあれば人生を最も楽しめる世代とも言えるのです。そのためにも少しでもこの疲れ何とかしたいと思いますよね。

どうしたら少しでも疲れを回復させ人生を楽しむことができるのでしょうか?

その疲れもしかして更年期?

男性も女性も40代、50代になると男性ホルモン、女性ホルモンが減少してきて、身体に変化が出てきます。俗にいう更年期ですが、更年期というのは何も女性に限った事ではありません。男性も更年期があるという事です。男性も女性も更年期の症状はとてもよく似ています。個人差は勿論ありますが、

  • 肩こり
  • 倦怠感
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 動悸
  • 気分の浮き沈み
  • ほてり

といった症状です。思い当たる症状はありますか?更年期で疲れを感じることもありますが、まずは自分でコントロールできるところから気を付けてみましょう!!

食事に気を付ける

身体を作っているのは食べ物です。食べるものを見直し、栄養をきちんと取る事が大切です。暴飲暴食に気を付けること。タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素に加え46種類のビタミン、ミネラル更に食物繊維の六大栄養素をバランスよく取ることで身体は元気を回復しますよ。

また疲れた時は甘いもの~と言って糖分を取りすぎるのは逆に疲れやイライラの原因になります。疲れた時には逆に酸っぱいものを取るようにしましょう!例えば梅干しや柑橘類などです。間違ってしまうと余計に疲れてしまうかもしれませんので要注意ですね。

ストレスをためない

ストレスを感じると自律神経のバランスが崩れ不眠症の原因にもなります。不眠症が続くと疲れが取れずに慢性化してしまいます。また体の中のビタミンCが大量に奪われるので、風邪を引きやすくなったり、お肌の調子が悪くなったり、筋肉疲労の原因になったりします。つまりより一層疲れを感じやすくなるということです。

自分をほめる

ストレスを貯めないようにするためにはまずは自分をほめてあげることです。40代、50代は男性も女性もいろんな意味で頑張っている世代なのです。頑張っている自分を褒めてあげることでポジティブな気分にもなれますね。

そして何よりも笑うことです^^笑うことは実は有酸素運動なのです。大きく息を吸って笑うことで、体内に沢山の酸素を取り込むことが出来ます。大きく深呼吸をすることでも酸素を取り込むことは出来ますが、笑うことはもっと効果的に酸素を取り込めるのです。

新鮮な酸素を沢山体内に取り込むことで気分も上向きになりますね。

いかがでしたか?

40代、50代は疲れやすい、又疲れをため込みやすい年代、環境だという事を知っておくことで、疲れを最小限に抑え取り除くことが出来ます。

疲れとうまく付き合っていく事が大切ですね。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

疲れが取れない時に頼るのはサプリメント?食べ物? 

スポンサードリンク