生きがいないのは悪い?生きがいは見つけないとNGのタブー!

gf01a201503190700

生きがいがある人はない人より偉い?

アラフォー、アラフィフ世代って心身共に疲れを感じてしまい、ウツっぽくなる人も多いようです。

スポンサードリンク



そういう人がよく口にするのが、「生きがいがない」という事です。生きがいがない人生はつまらない!と思ってしまうのです。

でも本当に生きがいがないのはNGなんでしょうか?

 

あなたにとっての「生きがい」とは?

女性にとっての生きがいとはどんなものでしょうか。

若い頃は恋愛をしているときがキラキラ輝いていたでしょう・・ヒールやスーツでビシっとキメて、ばりばり仕事をしているのが生きがいだったという人もいるでしょう・・

そして結婚して子供が生まれると、ほとんどの女性は子育てに一生懸命になりますよね。

子供の成長が生きがい!と思ってきた人も多いのでは・・

でも40代、50代になると子育ても一段落、終了となってしまい、なんだか寂しいと感じる人もいるかもしれません。

更に更年期などの体調の変化も加わって、どうにも気分がふさいでしまうという女性も多いようです。

 

このままではいけない!何とかしないと・・

と思いなにか新しい生きがいを見つけなければ!と思うんです。

でも何も思いつかない・・・。生きがいなんてそう簡単に見つかるものでもないですからね。

そうなると「この先の人生なんて何も楽しみがない」と思い込んでしまうのです。

スポンサードリンク



生きがいを追い求めるのをやめてみる

例えば生きがいを感じるような趣味を見つけようとして、今流行っているものや友人が勧めるものを試してみたとします。

でもそれが思ったほど楽しくない・・

自分には合わない・・

と感じた時、それはストレスになってしまいますよね。それどころか、それを楽しめない自分に劣等感を感じてしまうこともあります。

それでは本末転倒!逆効果になってしまいます。

もし生きがいを探す事が心にぽっかりあいた穴を埋めるようなイメージだとしたら・・

その穴の形や大きさは人それぞれです。求める物もみんな違います。だって恋愛も、仕事も、子育ても文字にしてしまえば同じだけどその中身はみんな違っていて当然だからです。

40年、50年と重ねてきた人生だからこそ、その人にしかわからない大切なものが一人一人にあるはずです・・

それを単純に趣味を生きがいにしよう・・新しい出会いを探そう・・という漠然としたイメージで誤魔化そうとしても、やっぱりそう簡単には生きがいにはならないのが当然ですよね。

 

ぽっかり空いた穴は勲章です!

生きがいをなくしてしまった!と思っている人の心には、ぽっかりあいた穴があるとしたら・・

その穴が大きければ大きいほど、その人は一生懸命頑張ってきたという証しと考えてみて下さい。

それは仕事や子育て、あるいは親の介護かもしれません。その人が生きてきた歴史のようなものです。そういう証があるというのはとても素晴らしいことなのです。

ぽっかりあいた穴の分だけ、あなたは頑張ってきたんです。

 

すごい!よくやってきたなーって、自分を褒めまくってみましょう!

こんなに頑張ってきたんだねって、まずその穴をゆっくり眺めることも大事ですね。

こんなに頑張ってきたんだから、そりゃ疲れも出ますよね。ちょっと休みたくもります。それでいいと思う事です。

生きがいを手放してみることは悪いことばかりではないのです。

 

このために頑張らなければいけないという義務感のようなものを手放して、まずは心をゆっくり休めてみてはいかがですか!

したいと思ったことをする、

行きたいと思ったところに行ってみる。

 

そういう自然な流れでアクションを起こしてみると、

新しい出会いや趣味が見つかるかもしれませんね。

 

生きがいを見つけられない人はこんな記事もお勧めです!

自由な生き方で自分らしく生きる!自由を手に入れる為の方法とは

スポンサードリンク