専業主婦が忙しい??そんな反応をする人は絶対読まないで下さい!

gf01a201503301700

専業主婦なんて暇でしょ!

バリバリ働くママはそう思っているのかもしれませんね。

特に最近は、子供が小さいうちから職場復帰する若いママも多いので、周りに専業主婦が少ない気がします。

「三食昼寝つき」と言う言葉もあるので、専業主婦は楽をしているように思われがちですが、専業主婦だって忙しいんです!!

スポンサードリンク



でも専業主婦が忙しいなんて、仕事をしている人から見れば、贅沢な愚痴!!くらいにしか聞こえないんでしょうね。

そう思われている事がストレスにもなります。

専業主婦だって忙しいし、それなりに色んな事情があるんです。

どうしたらわかってもらえるの?

 

専業主婦は働くママより余裕がある?

40代、50代の女性が結婚・出産を経験した20年前よりも今の世の中は女性に優しい時代です。

産休や育休を取りやすい職場環境が増えてきましたよね。

また夫たちも「イクメン」という言葉まであるように、子育てに協力的な人が増えています。

まだ子供が小さいうちから職場復帰をしてバリバリと働いている若いママが多い、というのも納得ですよね。

又、出産を機に仕事を辞めたけど、教育資金や生活費など何かとお金もかかるので又パートに出る・・というママもいて専業主婦が珍しい時代になったのも事実です。

そんな少数派の専業主婦は「自分の時間がたくさんあって余裕がある」と世間から思われがちです。

だから、「子供会やPTAの役員を断りづらい」という話をよく聞きます。

役員を決める話し合いの時に、「仕事を休めません」という働くママに対して、専業主婦のママは断りづらいのです。でも専業主婦だからと言って毎日のんびり過しているわけじゃないのに・・・と内心穏やかではないですよね。

それって働いてる人が偉いの?

 

専業主婦でも事情は十人十色

働いているママたちの事情がそれぞれ違うように、専業主婦のママたちもいろいろな事情を抱えているんです。

夫の収入だけで充分な生活ができていて、悠々自適な生活を楽しんでいるという人もいるかもしれませんが、介護や看護が必要な家族がいて、仕事を辞めてお世話をしているという人もいます。

本人は外に出て働きたいのに、それを夫が認めてくれないという人もいるんです。

自分は働きたいのに、それが叶わないという人にとっては「専業主婦って余裕があって羨ましい」と言われると、嫌みにしか聞こえませんから・・

ストレス溜まります!!

 

「働いていない」=楽してる。遊んでる。苦労していない。と思われその事で「引け目」を感じてしまう事だってあるんです。

そう思われていなくても、自分でそう思い込んでしまうと自分の存在価値がわからなくなってしまいます。

「羨ましい」と言う人は、悪気でも嫌味でもないにしても言われた側は傷ついてしまうということもあるのです。

スポンサードリンク



自分が自分を認めてあげること

社会に出て働くということは労働の対価として収入を得るということです。

家事も立派な労働ですがそれに対しての収入は得られず、家族からも「やって当たり前」という態度をされるとむなしく思えてしまいます。

家事は「ここまでやったらOK」ということもないし、就業時間もありません。おまけに年中無休なのです。

そういう状況の中ではなかなか「評価」というものを実感できないかもしれませんが、一番大切なのは「自分が自分を認めてあげること」事ですね。

仕事をしている人と専業主婦の自分を比べるのではなく、こんなに頑張っている自分をまずは自分で褒めてあげる。自分で自分を評価すればいいんです。

自分の中での目標達成でも良いんです。

お料理が上手に出来た自分を・・

買い物で節約出来た自分・・

子供の話をじっくり聞いてあげた自分・・

家の中をピカピカに掃除出来た自分・・

そんな自分には褒めて褒めて、たまにはご褒美だってあげちゃいましょう。きっと専業主婦の自分が好きになります。

自給自足で「満足」を手に入れることが、ストレス解消に繋がります。

働くだけが偉い訳ではないのです。専業主婦としての責任と重荷をしっかり背負っているんです。

 

だからこそ、専業主婦は忙しいのです。

スポンサードリンク