子供の自立がタイムリミット!離婚したい人のための3つの心得

lgf01a201412221900

子供の自立がタイムリミット

「子供が自立したら夫と離婚しよう」そう思っている主婦は多いようです。

逆の言い方をすると「子供が自立するまでは離婚できない」ということですね。

しかし、そのタイムリミットまでの間、ただ漠然とその日を待っているだけではなく、離婚することについて、心の準備は今からしておきましょう。

では具体的にどんなことをしておけばいいのでしょうか?

スポンサードリンク



子供が自立するのはいつ?

子供が自立する具体的なメドを立てる」ということです

親にとって子供はいつまでたっても子供なのです。社会人になっても、結婚しても、孫ができても、子供はいくつになっても気掛かりな存在です。

だからこそ、自分にとって子供の自立とはどういう時なのかを考えておきましょう。

「経済的に自立したとき」

「自分の家庭を持ったとき」

など具体的な期限をイメージすると、それまでにしておくべきことや離婚までの準備期間が見えてきます。

 

離婚後の家族の在り方を考えておく

離婚した後、子供や夫とどんな関係になりたいのか?ということです。

「子供が自立したら離婚しよう」と思っている人は、衝動的ではなく計画的に離婚しようとしているはずです。その想いの中には

「子供を不幸にはしたくない」

「周囲に迷惑をかけたくない」

「できるだけ円満に離婚したい」

という気持ちがあるのではないでしょうか。

母親として、子育てという大きな役割をきちんと果たしたいという責任感も強いはずです。

でも、子育てに明確なゴールはないのです。又、離婚したあとも夫は子供にとって永遠に父親なのです。子供に何かあった時には、お互いが手をさしのべてやれるような関係が理想的ですね。

そうは言っても理想と現実の差はあるかもしれませんが・・・

でも、ここだけは譲れない!!これだけは守りたい!!など離婚後の家族についても考えておく事が大事です。

「子供とはいつでも会える環境でいたい」

「夫とはできるだけ会いたくない」

「子供とも夫とも縁を切って一人になりたい」

など、離婚してからの家族との理想の付き合い方は、人それぞれ違うはずです。それを明確にイメージすると、離婚後のライフスタイルも具体的に思い描くことができます。

そしてその理想に近づけるためにはどうすればいいのかを考えればいいのです。

スポンサードリンク



心の準備に早すぎることはない

離婚したいと思っているのなら、心の準備は早い方が良いです。

子供が自立してからの離婚となると、経済的な不安や、健康面の心配も深刻になってくるので、仕事や収入源の確保、福祉や行政の制度について調べておくことはとても重要です。

離婚についての無料の相談窓口もあるので、時間のあるときに必要な情報を聞いておくこともお勧めします。

もちろんそれはあくまで心の準備で、実際に行動するのは慎重にした方が良いのは言うまでもありません。

そして心の準備を重ねた結果「やっぱり離婚はしない」という結論になることもあるでしょう。もしそうなった時でもこの準備期間は決して無駄にはならないと思いませんか?

自分や家族の生き方について真剣に考えたのですから、どんな選択をしたとしてもそれは貴重な経験になるはずです。

 

子供が自立したら離婚するためには、まずはじっくり自分と向き合ってください。

子供の自立と同時に自分も自立する事が大切ですね。

 

こんな記事も読まれています

離婚したいから自立する?自立したいから離婚する?

スポンサードリンク